2013年04月13日

【解決】

NCM_0335.JPG

前のオイルリングに付いてた謎のリングの正体は「コイルエキスパンダー」
シリンダー内の余分なオイルをクランクケースに掻き落とす通路を確保するパーツらしい。
今回購入したヘポライト製のリングは、コイルエキスパンダーを使用しないタイプだった事が判明。
性能的には劣るが、こいつで動いてるT140は世界中にある。
てな訳で、買ったリングをこのまま組むことにする。

IMG_20130413_161226.jpg

そうとわかれば神様がヒントをくれたピストンリングコンプレッサー使って、全てのリングがピストンとツライチ。
いよいよ復活!
posted by brokenbrakes at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | motorcycles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。