2012年06月15日

【穴があったら入りたい】

拙blogのある変化に気付いたでしょうか。
あのカテゴリーの記事を消しました。
そう、あの黄色いマシンを宮城に持ち込む企画が著作権者の逆鱗に触れたのです。


今日、著作権者(担当者)と直接話をしました。
当初は被災地からの要望として何とかあの車体を宮城に、とお願いしようと思ってましたが、社内ではすでに大問題となっていて、全くとりつく島がありません。
著作権についてあまりにも素人でした。
彼らは製作者に対して法的措置も辞さない構えです。
事の重大さにビビった私は、SW9638氏と共にあの車体を作った難波氏に電話をしました。
私が関わったことにより事態が悪化して、宮城に呼ぶどころか製作者の気の遠くなるようなご苦労や情熱までも水の泡にしてしまいました。
「もう関わらない方がいい。blogの関連記事も削除してください。」

あまり詳しく書くことがでません。
自責の念に苛まれています。
ゴメンナサイで済むレベルではありませんが、関係者の皆さん、Facebook上で応援してくださった皆さん、何よりもあの黄色いマシンを楽しみにしていた皆さんに心からお詫びします。
申し訳ありませんでした。
私がしたことは大切な友人を告発するという結果になってしまったのです。
悔しいやら恥ずかしいやら。
ちょっとしばらくは立ち直れそうにありません。

posted by brokenbrakes at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただのギャラリーで推移を見守りつつ、どこかで直に見れるのを楽しみにしてましたが…
大変な事になっちゃったんですね…

みんなが楽しんで、少しでも明るい気持ちになればいいって、どうして理解してくれないんですかね…

残念です…
Posted by 足痛男 at 2012年06月16日 09:39
お久しぶりです。

勉強不足。
勇み足。
被災地だから、原作者ゆかりの地だからといって何でも許される訳ではありませんでした。

ものすごく反省してます。
いろんな方に迷惑をかけ、失望させてしまいましたね。
Posted by brokenbrakes at 2012年06月16日 10:23
謝る必要はないと思います 楽しく 夢を与える仕事してる 会社が・・ それは 僻み とか そんなふうにかんじます。子供たちに夢を与えている 娯楽と言う楽しみ事を制作して放送してたのに 俺の気持ち的には なんだや〜 ばがでね〜の ヒーロになりたいと思ったのは あんだだじが つぐった 番組だべっちゃ この件に関しては 涙があふれます 夢を与える人間が 夢を奪う なんにも悪いことしてないのに スーパーマンになりたいと子供の頃思ってましたが 夢 現実に観たあこがれ それが見れることに何の問題があるんだろう?子供は絶対見たいと思いますよね。
Posted by タガリ屋ジョー at 2012年06月19日 10:45
東映を論理的に説得するのは不可能です。
でも、世の中を味方にできれば何か変わるかも知れません。
小河内ダムでのイベントが大勢の人の力で実現したように、みんなの声で変えられない何かを変えることができないでしょうか?
Posted by brokenbrakes at 2012年06月19日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。