2011年05月29日

【仮設住宅】

松岩中学校の校庭に仮設住宅が建てられることになった。
部活への影響必至。
でも被災者の住環境整備が優先だろうな…

気仙沼は起伏が多くて平坦な場所が少ない。
被災してない高台の校庭に仮設住宅を建てるのは当然だ。

仮設住宅の期限は2年間。
greenfields(中二)は狭い校庭で残りの中学生活を送ることになる。
気の毒なんだけど仕方ないよな…

治安は住民だけで維持していけるんだろうか。
別の仮設住宅では、既に不審者の目撃情報があったらしい。
この非常時に何考えてんだ?

posted by brokenbrakes at 11:18| Comment(2) | complain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
治安が悪化する中、我が家の長女も5/27から学校で避難所生活。
通学が困難な訳では無いけれど、少しでもリスクを減らすためと、部活に対応するため決断!
『避難してる人たちに元気を』と、週末には避難所を慰問しダンスを披露して回るそうな。

地元小学校の校庭にも仮設住宅が20世帯分。
半分に仕切られた校庭で運動会も実施する。観覧用のテントも設営できないみたい。
でもさ、何もかも自粛するより、できる事は前向きにやる事が大事だと思うね。
Posted by imagine at 2011年05月30日 09:19
自粛は不要!
以前と変わらない日々を過ごせるようになるにはまだいろんなものが足りないけど、以前の生活に戻ろうとする努力をしないといつまで経っても被災したまんまだ。
失ったものを昇華させる。
スタートラインに立つまでが大事。
Posted by brokenbrakes at 2011年05月31日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。